スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリーツアーDX レポート

ツアー写真

 というわけでツアー一日目のみ行ってきました。どうにかWINNERカードは手に入れましたが、久々の大型イベントと楽しみにしていた反面、イマイチ楽しめかったことも・・・。 
 まず、速攻が多過ぎ。そういう自分も最初は墓地進化を使ったのですが、さっぱりダメでしたので他のデッキに変えました。が、今度はDディアボロスが多過ぎ。持っていなかった私はどのバトルも苦戦。
 
 次にカードの紛失。時空ギャラクシーとシュバルを紛失し、自分の使い慣れた超次元バルカキリコが使用不能に。一枚しか持っていなかったので、かなりの痛手に。帰ってきてから兄貴に一枚貰えたので、今はまた使用できますが・・・。

 あとはルールミス、プレイングの悪さが目立ちました。マナをきちんタップしない、クリーチャーの効果の発動やその解決の順序を宣言をせずにやる、プレイングがあまりにも早過ぎるなど。

 特にイラついたのがクリーチャーの強制効果に関して。ある対戦で私が時空ボルシャックで相手クリーチャーとバトルした後覚醒をし忘れたままターンを終了してしまいました。そこは私に落ち度がありますが、強制効果は必ず解決しなければなりません(でなければ例えば墓地進化でポレゴンが場に居続けることになります)。対戦者には謝った上でその旨を伝えましたが、受け入れられず。結果そのまま続行しましたが、逆に相手はその後の展開で山札を見た後にDディアボロスに覚醒。こちらは任意効果なのでやり直しは出来ないはずです。
 
 この時点でこの相手と戦うのが嫌になり、もう注意するのもヤメました。その相手はどうやらこのことに関して知っているようでした。いくら不利になるとはいえ相手に厳しく、自分に甘いというのはダメです。総じて対戦に関してはあまり楽しめませんでした。


 当然嫌なことばかりではありませんでした。久々のトレードで人とふれあい、念願のDディアボロスやランブルを手に入れたり、イベントステージの前でユウとアツトと一緒に踊ったり。





 こっちに出てきてから初めてのイベントで嫌なこともありましたが、行った価値はありました。ただ、上級のプレイヤーほどもっとプレイングに気をつけなければならないとも感じました。私がきちんとできているかと聞かれれば自信はありませんが、気をつけてはいます。カードゲームの原型はテーブルトークRPGというそうです。対戦は相手がいなければできません。だからこそ相手に不快な思いをさせないように互いにルールを守り、配慮をしなけらばなりません。というわけでレポートでした。長文、乱文失礼しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

いそべきなこ

Author:いそべきなこ
FC2ブログへようこそ!

FC2プロフ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
あくせすカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。